Balingua

Oui Non
X
Balingua

OK
X
Balingua

メールでパスワードの再発行をするために、以下の欄にログインアカウントとメールアドレスを入力してください

X
Balingua
パスワードをお忘れですか?
アカウント作成 X
Balingua

15分間の無料お試しを実施したい場合は、下記の情報を記入してください。

X

外国語を親しく手の届きやすいものにする。

バリングワは、外国語を学ぶ画期的な方法である。 今日の言語の知識習得の研究では、数多くの仕組みやプロセスが、すべての言語に 共通していることが明らかになっている。 今までの文法・教育が言語学的な違い(音声、音韻、文法、語彙、綴りの違い)を 強調するのに対し、バリングワは、言語が共通に持っているプロセスをベースにしている。 この方法により、「外国」がとても身近なものとなる。

実際に、6歳の子供達は話言葉をマスターしており、それと同時に無意識にどの言 語にも共通の言語知識を増やしてきています。 その言語知識は、すべての言語に共通の神経言語学の様々な仕組みにより成り立っています。

学習の流れが楽になるために。

なぜ初心者は、学習の最初の方でストレスを感じ、挫折するのでしょうか? 初心者は、最初からいきなり、数多くの新しい情報にさらされ、それらはたくさん の記憶力を必要とする(発音、語彙、数字、活用、慣用句を覚えるため)というのが、その理由です。 前もって構文の基本知識を知らない状態では、発音、単語、文法のルールを覚える のにとても苦労するでしょう。 これまでのメソッドでは、複雑なルール(活用、格変化)は、最初からとても細かく教えています。の過剰な学習知識を覚えることは、不満を生じさせます。

バリングワでは、生徒さんは、構文の基本を覚えることから始まります。こうする ことで、複雑な文法のルールを過剰に記憶することなく外国語が身近なものになります。 これら文法の複雑なルールは、学習者の頭の中できちんと構文の理解がされていれ ば、次第に覚えられるようになります。

4つのブースターで上達する。

バリングワのメソッドは、 初心者が学ぶ単純な構文と中級者以上が学ぶ複雑な構文を区別をしません。 1つ目のブースターで、学習者はいきなり複雑な構文を習います。これらは、神経言 語学上では、接続詞による単純な文の組み合わせに過ぎないものです。 バリングワのメソッドでは、次の二つの文章は、難易度が同じです。 「天気がいい。私は散歩に行きます」 「天気がいいので、私は散歩に行きます」 初心者は、「~だから」という接続詞を習うだけでこのような文を作ることが出来ます。 新しく難しい知識は段階的に学習していきます。 バリングワの最初の段階では、学習者は、すべての時制(過去、現在、未来)と複 数構文の基本(従属節、関係節、直接話法、間接話法)を用いた文章に取り掛かります。 この画期的な方法は、これまでの教育方法にメスを入れるに違いないです。 従来の方法では、学習開始から2年目にならないと未来形は教えてもらえない場合もあるんです。 それ自体は、学習者にとって問題になることではないのですが。

この学習方法では、学習者はとても早く自信を持って会話を始めることが出来ます。

バリングワを試す